はじめての方へ

適応疾患

○運動器疾患
 肩こり・腰痛・五十肩・膝痛・肘痛・座骨神経痛・股関節痛・肩背部痛・首痛・リウマチ・ムチウチ
 ・腰椎、頚椎ヘルニア・四肢の痺れ、麻痺・腱鞘炎・踵の痛み

○消化器疾患
 慢性胃炎・下痢・便秘・胃下垂・消化不良・胃痛・吐き気・嘔吐・口苦 食欲不振・肥満・痩せ
 ・逆流性食道炎・咽の詰まり・胃潰瘍・胆石症・肝臓疾患

○神経系疾患
 不眠症・自律神経失調症・不安神経症・鬱病・顔面神経痛または麻痺・偏頭痛・肋間神経痛・チック
 ・帯状疱疹後の神経痛・パニック障害・寝汗・舌の痛み・動悸

○呼吸器疾患
 咳・喘息・風邪による諸症状

○循環器疾患
 高血圧・低血圧・不整脈・神経性心悸亢進

○婦人科疾患
 生理痛・生理不順・不妊症・不育症・子宮筋腫・子宮内膜炎・チョコレート嚢腫・帯下・陰部掻痒
 ・更年期障害・ 不正出血・妊娠中の諸々の不調・陣痛促進・逆子・出産後の体力低下

○外科疾患
 捻挫・打撲・しもやけ・骨折や外傷の早期回復

○泌尿器疾患
 膀胱炎・慢性腎炎・むくみ・排尿障害(尿漏れ、尿が出にくい、頻尿、尿が濁るなど)

○皮膚疾患
 肌荒れ・湿疹全般・ヘルペス・じんましん・円形脱毛症・ウオノメ・イボ・水虫

○内分泌疾患
 糖尿病・バセドウ病・橋本病など

○耳鼻咽喉疾患
 鼻炎・蓄膿・中耳炎・咽喉炎・扁桃炎・耳鳴り・突発性難聴・嗅覚異常・口内炎

○眼科疾患
 飛蚊症・結膜炎・ものもらい・眼性疲労・ドライアイ・視力減退(かすみ目)・目の奥の痛み・緑内障

○小児疾患
 夜泣き・かん虫・夜尿症・小児喘息・アトピー・チック症・消化不良・慢性中耳炎・下痢・便秘
 ・食物アレルギー・ 発熱・先天性疾患・発達障害・夜尿症・鼻炎・花粉症・虚弱体質の改善

○アレルギー症状
 花粉症・アトピー性皮膚炎・食物アレルギー


上記は一部です。鍼灸の適応疾患は全科に及びます。
その他、癌疾患や不定愁訴など、
何かお悩みがございましたら、
一度ご相談ください。

初診時の流れ

※初診をご希望の方は、お電話またはメールにて承っております。
 その際に、患者さんの症状等についてお尋ねいたします。
 できるだけ患者さん本人からご連絡いただけると助かります。
 診療中や時間外は電話対応できないことがあります。
 時間を改めていただくか、
 留守番電話の場合、お名前とご連絡先をお願いいたします。

※初診時のみ約2時間~3時間ほどお時間がかかります。
 これは正確な診断および治療をするために必要最低限の時間です。
 お時間に余裕をもってご予約・ご来院をお願いいたします。

※ご来院が困難な方へは往診も承っております。
 (要相談・別途往診代・交通費いただきます)

~当日~
1、来院
  ※各診療時間でお1人ずつとなります。

2、カルテ記入 《約30分》
  ※老眼鏡が必要な方はご持参をお願いいたします。

3、問診 《約60分》
  ※お悩みの症状・日々の生活状況など詳しくお聞きいたします。
   時間をかけて様々なことをお聞かせいただくことで、
   病の原因や性質、今後起こりうる病態の変化などを探っていきます。
   時には病状やお身体に直接関係がないと思われるかもしれませんが、
   東洋医学的な診断をする上では不可欠であり、
   患者さんを深く理解しなければ病の根本を突き止められません。
   ご理解ご協力をお願いいたします。

4、ベットへ移動
  ※指輪、時計などの装飾品、コルセットはこの時に外してください。

5、診察(体表観察) 《約15分》
  ※東洋医学独特の診断法です。
   顔面の状態、舌の状態、脈の状態、手足・腹部・背部のツボの状態を
   直接皮膚に触れて診ていきます。

6、施術 《約10~40分》
  ※短絡的に「凝っているところに鍼を刺す」
   「痛みがあるところに鍼を刺す」
   「冷えているところにお灸する」というような治療ではありません。
   問診や体表観察などから得た情報を多面的に情報処理し、
   病気の原因と病理(病気に至るメカニズム)を明らかにした上で、
   その時点での証(西洋医学でいう診断名)を決定し、
   適切なツボに鍼や灸を施します。
   よって少ない鍼で最大限の効果が出ます。

7、説明・養生法 《約10分》
  ※東洋医学的に診た患者さんのお身体の状態と養生法を
   できるだけわかりやすく説明させていただきます。

8、会計・次回予約
  ※2診目以降は問診・治療・休憩あわせて約60分です。

9、休憩 《約20分》
  ※効果を安定させる役割があります。
   待合室にてしばらく休憩していただくのが好ましいです。

注意事項

・現在服用中のお薬・サプリメント・健康食品があればわかるものをお持ち下さい。
 ex.お薬手帳・現物・パッケージなど・顔の色や状態を診ます。
 ノーメイク又はナチュラルメイクの状態でお願いします。

・舌の苔の色や状態を診ます。
 治療前に舌に色のつく可能性のある食べ物や飲み物は避けてください。
 ex.飴・カレー・スナック菓子・コーヒー・紅茶・ジュース・牛乳など

・爪の状態を診ます。
 ジェルネイル・マニキュアなどは落としてきてください。

・手足、お腹、背中などの出せる服装でお願いします。
 ズボンスタイルの服装が好ましいですが、
 スカートなど止むを得ない場合は必ずTシャツや短パンなどをご持参ください。
 ※ワンピース・ボディースーツ・タイツは避けてください。

・香水やヘアーフレグランスなど匂いがするものはお控えください。